×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

脂肪燃焼運動 フィギュアスケートの国内試合の結果を報告します

脂肪燃焼運動情報を紹介しています

フィギュアスケート  全日本選手権 2007年12月26日~28日
                 大阪なみはやドーム

優勝カップをもつ高橋大輔選手

男子は高橋大輔が圧勝の3連覇

 

フィギュアスケートの世界選手権(来年3月・イエーテボリ=スウェーデン)代表選考会を兼ねた全日本選手権第2日は27日、大阪なみはやドームで行われ、男子はショートプログラム(SP)首位の高橋大輔(関大)がフリーも1位となって合計254・58点で3連覇を飾った。
男子の3連覇達成は鍵山正和以来で15季ぶり。
 高橋はフリーで2度の4回転ジャンプを成功する内容で圧勝。
昨年の世界ジュニア王者の小塚崇彦(トヨタ自動車)が219・34点の2位で、3位の南里康晴(中村学園大)までが世界選手権代表に決まった。
女子SPは2連覇を目指す浅田真央(愛知・中京大中京高)がSPで今季初の2連続3回転を着氷して72・92点で首位。
世界選手権女王の安藤美姫(トヨタ自動車)も2連続3回転を決めて68・68点で2位につけた。
村主章枝(avex)が3位、中野友加里(早大)が4位。
最終日の28日に女子のフリーを行う。  アイスダンス(出場1組)はオリジナルダンス(OD)を終了し、キャシー・リード、クリス・リード組(川越ク)は合計81・35点。




2連覇した浅田真央

女子は浅田真が2連覇

 全日本フィギュア最終日
 フィギュアスケートの世界選手権(来年3月・イエーテボリ=スウェーデン)代表選考会を兼ねた全日本選手権最終日は28日、大阪なみはやドームで行われ、注目の女子は浅田真央(愛知・中京大中京高)が合計205・33点で2連覇した。
 フリー1位の安藤美姫(トヨタ自動車)が204・18点で2位。
ショートプログラム(SP)4位の中野友加里(早大)が3位に入り、中野までの上位3人が世界選手権代表に決まった。
SP3位の村主章枝(avex)は4位だった。
 浅田真はトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)に失敗してフリーは2位だったが、SPからのトップを守った。
アイスダンス(出場1組)はフリーがあり、キャシー・リード、クリス・リード組(川越ク)が合計166・41点で初優勝した。