×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

脂肪燃焼運動情報を紹介しています

脂肪燃焼運動情報を紹介しています

ニュース

<五輪競泳>北島、二百平も「金」 2大会連続2冠達成!

競泳男子200m平泳ぎ メダルを手に笑顔の北島ら
【北京・堤浩一郎】北京五輪は第7日の14日、当地で競泳男子二百メートル平泳ぎの決勝を行い、世界記録保持者の北島康介(25)=日本コカ・コーラ=が、2分7秒64の五輪新記録で大会2連覇を果たした。2分7秒51の世界記録更新はならなかったが、五輪記録を0秒97上回った。北島は11日に決勝があった百メートル平泳ぎと合わせ、04年アテネ五輪に続く2種目制覇を達成。2大会連続の同一個人種目2冠は日本選手初という快挙だ。五輪通算4冠は、自己の持つ3冠を塗り替える、日本の競泳史上最多記録。今大会で日本勢が獲得した金メダルは5個になった。

 北島はアテネ五輪後、05年モントリオール世界選手権で無冠に終わるなど、一時苦しんだ時期を過ごした。しかし、07年メルボルン世界選手権の二百メートルで優勝し、健在ぶりを世界にアピール。今年6月のジャパンオープンで英スピード社製の高速水着「レーザー・レーサー」を着用して二百メートルの世界記録を樹立するなど、順調に調整を進め、北京五輪に臨んでいた。

 前世界記録保持者のブレンダン・ハンセン(米国)が全米選手権で敗退して五輪出場を逃したこともあり、この種目の最有力優勝候補とされていた。

 ▽北島康介の話 ホッとしている。(世界)記録は自分も期待していたが、思ったより最後が伸びなかった。(レース開始が)もう1時間遅ければ、(世界記録の)可能性があったかもしれない。来ている人の顔が、みんな見えるくらいに、レースは楽しめた。

スエマエ決勝進出ならず/バドミントン

前衛・末綱、後衛でショットを放つ前田
<北京五輪:バドミントン>◇13日◇女子ダブルス準決勝 バドミントン女子ダブルスで世界ランク8位の「スエマエ」こと末綱聡子(27)前田美順(22=ともにNEC・SKY)組が決勝進出を逃した。勝てば「銀以上」の準決勝で、第4シードの同4位李敬元(28)李孝貞(27=韓国)組に0−2。107本に及ぶ壮絶ラリーをものにできず、第1ゲームを落としたのが響いた。

悲願のメダル獲得へ、15日に世界2位の中国ペア、魏軼力(26)張亜■(23)組と対戦する。男子ダブルスで同14位の舛田圭太(29)大束忠司(30)組は準々決勝で韓国ペアに敗れた。 根負けした。第1ゲーム20−21。打って打たれて、拾って拾われ…。観客席からはプレー中にもかかわらず、拍手が巻き起こった。ラリーが続くこと実に107回。1分40秒に及んだ最長の攻防は、末綱と前田のお見合いで終わった。シャトルは2人の間にポトリと落ち、このゲームを落とした。末綱は「足が止まってしまった」と天を仰いだ。

第2ゲームも15−21で落とし、決勝進出を逃した。世界4位の韓国ペアがサーブミスを連発するなど、付け入るスキはあっただけに、前田も「あそこで(第1ゲームを)取っておけば…」と悔やんだ。 11日に世界1位を撃破。日本では“スエマエ・フィーバー”が起こり、前田にも「すごいことになってるよ」と友人のメールが届いた。まさかの準決勝進出に、2人の家族もチケットを確保しておらず、前夜に帰国してしまったという。 快進撃は“旧友”に阻まれた。96年12月、当時昭和女高(現昭和学園高)1年の末綱は、福岡の日韓合同練習に訪れた同学年の李孝貞と一緒に汗を流した。「いつか大きな舞台に上がろう」と誓い合ったという。1

2年を経て、奇しくもこの日、夢の対戦が実現。過去全敗の相手にまたも苦杯を喫した。 試合を終えて、李孝貞と抱き合って健闘をたたえた末綱は「もう1回試合ができる幸せを感じて、感動を与えるようなプレーがしたい」と気持ちを切り替えた。メダルのチャンスは、まだ残されている。【太田尚樹】 ※■は雨の下に文 (8月14日 9時56分 更新)